• 最近のタイムレコーダー

    最近のタイムレコーダーはどんどんと進化をしています。



    これまでのタイムレコーダーは紙が媒体となっていて、従業員やアルバイトの人が自らタイムレコーダーを機械に突っ込んで、出勤や退勤の時間を印字しておくというものでした。

    お手軽にT-SITEの正しい情報はこちらです。

    ですが、最近のタイムレコーダーは電子化されているのがほとんどです。
    会社にくればセンサーが自動でこれを感知して出勤や退勤などの記録をとるようになっていて、自分では何もしないでいいというのが今の主流です。


    出退勤だけではなく、部屋の入出なども管理されるようになってきているともいえるでしょう。そして、最近ではこれがさらに進んで、社員がどこにいつ行ったのかまで記録しているようなことも始められました。これによって効率よく業務を管理していこうというわけです。


    社員にとっては常に管理されるような気分ともなりますが、これによって仕事をしていることの証明ともなるわけで、一長一短的なところもあります。


    会社内だけの移動ではなく会社外の移動もGPSの機能を使うことでこれを管理できるようになってきたわけです。



    今は社員証のカードでこれを管理することができるようになったので、社員証がタイムレコーダーともなるようになったのが最近の特徴でもあります。

    これ一つあれば会社内のどこでも行けるようになり、関連部署への入室もこのカードで入退室出来るように管理され始めるようになったのが今の会社の特徴ということになるかもしれません。

  • 詳しく知りたいなら

    • タイムカードによる勤怠管理はかなり長い間、日本だけではなく全世界の企業を支えてきました。実際、今も紙のタイムカードを使って勤怠管理をおこなっている企業は多くあります。...

  • 皆が知りたい情報

    • 企業では、従業員の実際の勤務時間の把握などをタイムカードで実施していました。初期投資が少なくて済み、多くの企業でタイムカードによる勤怠管理が行われていましたが、近年では、高機能な勤怠管理機能を搭載したクラウドサービスが広く提供されており、このようなクラウドサービスを活用する事でタイムカードによる勤怠管理がスムーズに効率良く行えるようになりました。...

  • 納得の情報

    • タイムカードを使って勤怠管理をすると、いろいろなメリットが出てきます。何しろタイムカードを電子化することで、自動的に勤怠管理が出来てしまうということが大きなメリットです。...

  • 企業の特徴

    • タイムカードは非常に便利なオフィス機器の1つです。専用のカードを使えば非常に簡単な手順で賃貸管理を行うことができるようになります。...